読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人向けクトゥルフ神話作品の紹介

クトゥルー神話ネタが登場する大人向け漫画やゲームや小説の紹介ブログです。

腐色の瞳のクトゥルフ神話要素

タイトル_R.JPG

 

  

 よーやく手にいれましたですぜ、『腐色の瞳』!

 

 検索で引っかかって存在だけは知っていたのだけれど、先日ようやく中古の同人ゲーム販売店で発見。

 すぐさま回収し、プレイしました。

 

 以下、簡単ですが紹介を。

 

 ……なお。スクリーンショットに四角い ■ ←こんな感じのノイズっぽいものが入ってますが、文章を読みやすくするために最初から入っているメッセージレイヤー代わりのようです。

 

 Win95専用作品なので、技術的に仕方ない部分だったのかもですね。

 

  

 スクリーンショット & クトゥルー神話要素

  

WS002118_R.JPG

WS002116_R.JPG 

That is not dead which can eternal lie_R.JPG

 

 武甕槌神タケミカヅチ)や経津主神(フツヌシ)、天津甕星(アマツミカボシ)といった日本神話がベースになっています。

 

 そこに、クトゥルー神話存在が1キャラ。

 他にも少々クトゥルー神話要素が登場する、という感じです。

 

 

 ゲームをプレイし、かつ添付のマニュアルを総合して考えると、フルート持ちの金髪女性キャラが「外なる神の従者=ニャルラトテップ」で間違いないようです。

 ニャルは主人公の選択に影響を与えている模様。

 

  

 『終ノ空』『斬魔大聖デモンベイン』などと続く、ニャル様を女体化の国産ゲームはこれが最初なのかもしれません。(単純な擬人化……というか、人間形態でいうなら、そもそもニャル様は『ナイアルラトホテップ』や『未知なるカダスに夢を求めて』などで人間の姿で登場しましたし)

 

 

WS002109_R.JPG

  

  

 ニャル様以外のクトゥルー神話要素は少しだけです。

 旧支配者という単語。

 『そは永久に横たわる死者にあらねど』の句。

 うにょうにょ触手くんが少女を襲うという『ダニッチの怪』を意識しただろうイベントくらいでしょうか。

  

 『腐食の瞳』をプレイしたい! と思っても中々見つからないと思われます。

 存在を知り、探し始めてから出会えるまで一年半かかりましたから……。(東京なら出回っている数が多いと思われるので、サクっと手に入る可能性もあります。ちなみにプレイステーション版もあるらしく、コンシューマで発売されたエロ同人ゲームとしても話題になったようですから、そちら方面から探すのも手かもです)