読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人向けクトゥルフ神話作品の紹介

クトゥルー神話ネタが登場する大人向け漫画やゲームや小説の紹介ブログです。

闇の声ZEROのクトゥルフ神話要素

20090616213153_R.jpg

 

 

■ スクリーンショット

20090616213151_R.jpg

(なにやらアウトっぽい立ち絵がありますが……服の模様です……きっと……)

  

 

 

20090616213150_R.jpg

(『闇の声ZERO』の音楽リストです。「眷属」にカーソルを合わせていますが、その二つ下にある「エーリッヒ・ツァンの調べ」もそのまんま……なのですが、この小ささでは見えませんね)

 

 

■ クトゥルフ神話的な作品紹介

20090616213152_R.jpg

 

 どうやら設定部分がクトゥルフ神話要素をベースに作られているようです。

 小夜子の正体やら、闇の声の正体やら、使われている道具やら。

 

 何しろ舞台が、陰洲升港から出発して、異映島(ルルイエ)に到着ですからね!  と言っても、クトゥルフ神話要素を求めて購入する──というのは微妙かもしれません。

 シナリオを楽しむゲームではありませんので、クトゥルー神話要素は香り付けという感じです。

 

 

■ 普通の(?)作品紹介

 

 どろどろのねちょねちょのドストレートなエロゲです。

 今まで紹介してきた18禁ものの中でもダントツ。本当にエロを求める為のエロゲです。(よい子の皆さんは注意してくださいねっ! もっとも、このブログに来るような人はよくない邪神崇拝者が多いようですが)

 シナリオを読むためのノベルゲームではなく、その属性のキャラを組み合わせることで登場するエロシーンを収集するためのゲームです。

 例えば、「おっぱい星人」と「淫乱」の属性を持つキャラによるエロシーンとか。「レズ」と「被虐」の属性をもつキャラによるエロシーンとか。個人的には、池上清彦のキャラが凄すぎでした……。道具マニアの立ち絵が衝撃的すぎます(笑)

 

 

■ 小夜子の正体

 

 

 以下、キャラの一人池上のBADエンド全文です。

 クトゥルー神話関係の美味しい所だけは知りたい、と言う方のみ参照ください。

 

 

 池上「小夜子、今日こそは招待を暴いてやる。お前が地球外の存在だということはわかってるんだ」

 小夜子「あら、私の事?」

 池上「そうだ、数々の不思議な能力。ただの超能力とは考えられない」

 小夜子「そう? ただの超能力かもしれなくってよ」

 池上「違う、もっと邪悪なものだ」

 小夜子「邪悪なものですって! 人間をあんなにいい気持ちにさせてあげてるのに」

 池上「じゃあ、お前はなんだ。異次元からやってきているボランティアかなにかか」

 小夜子「ボランティアとはよく言ったものね。たしかにそうかも…面白いことをいったから特別に私の正体を教えてあげる」

 池上「お前の正体」 小夜子「私はシュブ=ニグラスの産みし千匹の子ヤギの1つ『快楽』」

 池上「快楽! それで…」

 小夜子「私は人間に快楽を与える存在。それも、この世にはない最高の快楽」

 池上「そのためにこの島に人間を引きずり込んで堕落させていたんだな」

 小夜子「そう、そのとおりよ」

 池上「我々を堕落させてそのあとにいったい何を」

 小夜子「何もしないわ。それだけよ。さあ、あなたはちょっと知りすぎたようね。まぁ、私が喋ったんだけど。あなた」

 闇の声「ウゥゥゥッ」

 小夜子「この方を快楽のインフェルノに落として頂戴。そうね、他のメンバーも」 

 池上「まて、他のものは関係ない」

 小夜子「調査隊でしょう。ちょっと面倒なのよね。一緒に地下で快楽にふけりなさい」

 闇の声「ルロロロロロ」

 小夜子「さぁ、連れて行って頂戴」

 池上「ま、まってくれぇ」

 小夜子「バイバイ、学者さん」

 

 

 

 小夜子の正体が、アレというのはクトゥルフ的に凄く面白い使われ方だと思います。この部分は凄く感心しました。

 普通は、アレをこの位置に座らせるのですが、アレですかぁ。なるほど……。

 

 

■ 闇の声の正体

 

 闇の声の正体が明かされる箇所がありますので、それを抜き出しました。

 クトゥルー的なものが関わってきているかも……(?)

 なので、以下抜き出します。

 

 ネタバレを気にしない方だけご覧ください。  なお、早送りプレイをしたので、かなり読み飛ばしている可能性があります。きちんと読めば、ちゃんと正体がわかるのかも知れません。また、以下の解釈が間違っている可能性もあります。

 

 

 小夜子「闇の声よ、新しい体ができたわ。移っていらっしゃい」

 闇の声「うぅ…ぅぅぅ」

 小夜子「さあ。いらっしゃい」

 闇の声「うぅぅ、はぁっ。久しぶりの肉体だ。コレで以前のように快楽が得られるようになった」

 小夜子「遊びすぎて、今度は解けてしまわないようにね」

 闇の声「ああ、わかってる」

 桂「この人は誰なんです」

 小夜子「この島の元の持ち主よ。私とのSEXでメロメロに溶けてしまったのよ」

 

 

▼ 以下、管理人の雑文というか補足

 

 この島は「異映島」、「イエー島」、と言うか、南方から日本近海にやって来たルルイエそのものですから、元の持ち主とは……。

 クトゥ様、何やってるンですか。

 ……と言いたいところですが、別の箇所でこの島の元の持ち主は「大魔術師」だと言われているんですよね。「大司祭」なら完璧クトゥルフ様ですが、「大魔術師」ですか。

 

 クトゥ様ではない普通の人間がルルイエに辿り着き、そこに館を建てた可能性もあります。ので、『闇の声』の正体が何かは微妙なところです。(ただしー、『闇の声』シリーズを全部やるときちんと書かれているのかも知れません。管理人は『闇の声ZERO』しかプレイしてません……)

 

 なお、人間とクトゥ様の子作りならば、とある小説作品が通過済みです。エロは人間の根源ですから、伝奇系には良く合うんですよね。

  

 

クトゥルー神話濃度:薄口~濃口