大人向けクトゥルフ神話作品の紹介

クトゥルー神話ネタが登場する大人向け漫画やゲームや小説の紹介ブログです。

クトゥルフ神話クリーチャーを倒しまくれるオススメ同人RPGゲームEvening Starterの攻略メモ

f:id:servitors:20170619184007j:plain

 

 Evening Starterようやくプレイしました!

 いや、すんごく楽しめましたよ!

 

 20億という莫大な借金を背負ったハンターが、お金を返しながらクトゥルフ神話事件を解決していく……というRPGなのですが、魔法や拳や銃でクトゥルフ神話クリーチャーを倒しまくれるのです。

 

 ほんと、こういうのを待ってたんですよ!

 

 

  Evening Starter(DLsite)

 

 

 とは言え、誰しもに勧められるわけではありません。

 ゾーニング用のこのブログで紹介しているように、内容はすんごく大人向けで、しかもすんごくエロいのです。

 一週間ごとに払うことになる利子が用意できなければ、主人公は体を売る羽目に。(そういう道をつきつめたエンディングもあるようです)

 

 

 他になかなかないほどの、がっちりがっつりクトゥルフ神話作品なので、興味ある方は是非!

 ここ数年で発売された年齢制限ありのクトゥルフ神話同人RPGの中では、『腐海の海に眠る王女のアバドーン』と並んでトップクラスにオススメです。

 

  

  

 

 以下、クトゥルフ神話要素を。

  

f:id:servitors:20170619080814j:plain

 

 まず何よりも、戦う敵の多くがクトゥルフ神話クリーチャーというのが素晴らしいです。(解る人に向けて言うなら、シアンのゆりかごさんのクリーチャー素材がふんだんに使われています)

 

 例えば、スタートして少ししてからのイベントで戦うのがショゴスですし。

 

 

f:id:servitors:20170619184103j:plain

f:id:servitors:20170619184111j:plain

 

 他にも、スターヴァンパイアやティンダロスの猟犬。

 というか、でてくるボスのほとんどがクトゥルフ神話存在ですし。

 (どのクリーチャーを倒せるかは、実際にプレイしてのお楽しみです)

 

 

 それだけでなく、アイテムやイベント、その他ワードもクトゥルー神話まみれ!

 

 

f:id:servitors:20170619080956j:plain

 

 

 某ヨグ=ソトースの仔を見るために使われたイブン=グハジの粉を手に入れるイベントがあったり──。

 

 

f:id:servitors:20170619081012j:plain

 

 脳収容ポッド(俗に言うミ=ゴの脳缶)関係のダンジョンがあったり──。

 

 

f:id:servitors:20170619080827j:plain

f:id:servitors:20170619080837j:plain

 

 お店では、クトゥルフ神話にまつわるアイテムが購入できたりします。

 しかし、ド・マリニーの懐中時計とは……。

 

 

f:id:servitors:20170619081033j:plain

 

 アイテムだと、ニャル様パーカーなんてのも手に入れることができるのですよ!

 いいですねー。ニャル様パーカー!

 画像では小さいですが、アイコンも可愛いですし。

 

 このニャル様パーカー、おしむらくは最終盤になって初めて購入できるようになるため、それを着て活躍できる期間がものすごく短いことです。

 コレを着たままたくさんのダンジョン攻略したかった……。

 

 

  Evening Starter(DLsite)

 

 

f:id:servitors:20170619080851j:plain

 

 クトゥルフ関係ないですが、同人ゲームらしい登場人物のスクリーンショットを。

 治療する場所の院長さんで、当然、バキに登場する某キャラのパロディ。(作者は刃牙好きらしく、他にもあるキャラのスキルに「無呼吸打撃」とかがあります。しかもそれがものすごく強いのです)

 

 

f:id:servitors:20170621093116j:plain

 

 それと、借金完済の時にもらえる「オリハルコンプレート」、これ『スプリガン』のプレートだと思います。

 『スプリガン』もクトゥルフ神話要素がある作品でしたね。組織名はアーカムですし、他にも少しだけあったような。

 

スプリガン コミック 全11巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]

スプリガン コミック 全11巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]

  • 作者: 皆川亮二,たかしげ宙
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • メディア: コミック
 

  

 そういや、このスクリーンショット、「ダゴン殺し」や「黒の扇」など、クトゥルフ神話ネタの武器も写り込んでますね……。

 この記事で紹介している神話系アイテム以外にも、いくつか手に入るので、興味ある方は是非。

 

f:id:servitors:20170621093325j:plain

 

 最後にこれは実際に購入した方向けのスクリーンショット。

 最初に出会うショゴスは、二週目なら倒せます。

 

 

 以降、ちょっとマイナーな方面からの攻略記事になります。

 結構ネタバレになりますので、購入された方のみ御覧ください。

 

 

 内容はこんな感じです。

 

 ・引き継ぎ無しのHardモード向け序盤の攻略ヒント

 ・Very Hard攻略ヒント

 ・ラスボス(?)の倒し方。

 

 

 引き継ぎ無しのHardモード向けの序盤攻略ヒント

 

 引き継ぎなしで行うHardモード最序盤は、引き継ぎありのVery Hard終盤よりも難しいです……。

 レベルが低いと地下鉄のゾンビや信者たちが強い強い……。

 スキル選択や購入品をミスったり、向こうに先制された上で逃げるのに失敗したら、一気に誰かが死んでしまうほど。

 

 というわけで、引き継ぎ無しのHardモード攻略のヒントを書いておきます。

 

 

  最初のスキル選択

 

 最初の蓮のスキル選択では、「狩猟本能」→「悪夢」→「侵食する悪夢」まで一気に上げて、常時相手の攻撃力を削いでおいた方が良いです。

 また、政次郎のスキル選択では、「返し刀」→「追撃刀」は必須。できれば一気に「射撃ブースト」を3まで上げて、銃での攻撃力を上げるのがオススメ。

 

 ユーリアを仲間にすれば雑魚戦が結構楽になります。

 

 

  唐舘地下鉄の攻略

 

 できれば早めに地下に落ちている「スコーピオン」を確保し、政次郎かユーリアに装備させ、サブマシンガン使いにしましょう。

 

 中ボス攻略は、スキルに余裕ができ、政次郎が「焼夷手榴弾」のスキルを覚えてから向かう感じで。(普通に探索&帰還を繰り返し、レベル10の時に初手「焼夷手榴弾」で簡単に倒せるようになってました)

 

 ニョグタは、蓮が「死花」連打、政次郎が「焼夷手榴弾」連打、ユーリアが「大いなる癒し」連打で倒せました。(ユーリアの「大いなる癒し」は誰も怪我してなくてもかけておくことが大事)

 

 この唐舘地下鉄さえ乗り切れば、十三が加わるので後はそれなりになんとかなる……と思います。

 

 

 ……と思っていましたが、次の「血の兄弟」や終盤のボスたちも結構きついので追記します。

 

 

  廃工場

 

 血の兄弟は、政次郎に「液体窒素ボンベ」を覚えさせ、毎ターン投げまくればなんとかなる場合が多いです。(もちろん、セロ=フギンの粉末をかけた十三の「無呼吸打撃」を使いまくる必要があります)

 

 

  対シュゴラン戦

 

 真正面から殴って勝ちたいなら、よく殺される攻撃を覚えておき、その対抗となるルーンの欠片を忍ばせておくと楽になります。

 新加入のあのキャラを生かすともっと楽になる方法もあります。

 

 

  チャウグナル・ファウグン戦

 

 攻撃力の強いものを覚えておき、その対抗となるルーンを忍ばせておくとかなり楽にあります。

 

 

 では、Hardモード、がんばってくださいませ。

 

 

  その他、縛りプレイ

 

 なお、縛りプレイが好きな方は、引き継ぎ無しの「十三不使用(Hard)」や引き継ぎ無しの「直接攻撃系無し(Hard)=基本銃と魔法だけで、殴る系はスキルのものも一切無し」に挑戦してみてください。序盤が結構きっついですが、クリアできました。

  

 追記。

 「十三&真魚&アイテム系の回復&近接攻撃&近接攻撃スキル」を禁止して、Hardでクリアできました。つまり、蓮&政次郎&ユーリアだけのパーティで、銃と投擲兵器と火力と魔法だけでクリアできます。(蓮の撮影も無し。借金完済)

 ハッキリ言って、政次郎の「焼夷手榴弾」は神。大抵の相手に効きます。また、火傷の追加ダメージが大きいのです。

 

 アイテム不使用で辛いのは、ユーリアが戦闘不能になったときです。

 「黄泉還りの蜜」を覚えるまでは、ユーリアが戦闘不能=即帰還になります。

 

 あと「手榴弾」や「液体窒素ボンベ」にも無茶苦茶お世話になりました。

  

 

f:id:servitors:20170627170208j:plain

 

 なお、十三を仲間にしないでクリアできるのは廃工場までのようです。(画像参考。廃工場にクリアを示すがあるのに、旧唐舘総合病院が出てきてません)

 十三がいないと、どうやら「病院」がマップが出てきません。(十三不使用の縛りをしている場合は、仲間に入れた上でそのまま後方に置いておきましょう)

 

 

 Evening StarterのVery Hardモード向け攻略のヒント

 

 Very Hardをクリアしました。

 敵のHPが三倍くらいになり、しかも攻撃力も格段に増えてます。

 周回前提で、最初からレベルが40位はないと難しいかもしれません。

 

 以下、この辺りは取っておけ、と思われるスキルをまとめてみます。

 

 

  オススメのスキル

 

 :「黒き死の花吹雪」「アクセラレーション」「侵食する悪夢」「忍び寄る恐怖」「TP回復オートII」

 政次郎:「疾風八連」「結界符」「追撃刀」「焼夷手榴弾」「液体窒素ボンベ」

 ユーリア:「大いなる治療」「大いなる癒しの手」「癒しの奇跡」「救いの奇跡」「魂の安堵」「肉体の安堵」「ホーリィアベンジャー」「TP回復オートII」

 十三:「無呼吸打撃」「クリアリングLV3」「ダイナミックエントリー」「フォワード」「攻撃ブーストIII」「HP回復オートII」

 真魚:「ルルイエ異本.zip Lv5」「エイボンの書 Lv3」「NECR-N(JPN).psd Lv5」「TP回復オートII」

 

 

  Very Hardの武器や防具について

 

 それぞれの武器をアップデートしている前提で……。

 (「ダゴン殺し」「童子切」「遺骨砕き」などなど)

 

 武器の選択ですが、武器や銃器の選択に四苦八苦したのは初回一周目くらいで、周回以降は蓮の「黒き死の花吹雪」と十三の「無呼吸打撃」を軸に、「疾風八連」「瘴気手榴弾」「ルルイエよりの呼び声」あたりの組み合わせでなんとかなるようです。

 一応、ちょこっと余ったHPを削るのに、「ダゴン殺し」を使ったくらいで、二週目以降は基本的には銃は後回しで良さそうです。(引き継ぎであれば、銃禁止縛りクリアは楽です)

 

 少しのHPで生き残った敵にトドメを指すのに便利なのが、「SAA」です。

 撃つのもリロードもフリーアクションでできるため、主力の一人にもたせておくといい感じです。

 

 防具は、十三以外はスロットが3ある個別防具を使いました。

 スロットは、ダンジョンのボス対策でそれぞれ変える感じで。(中盤までは何も入れなくても何とかなりますが、終盤はきちんと対策を取らないと死ねます……)

 アクセサリは、女性キャラは防御力を上げるためにメダリオンで、男性キャラはタリスマンを。(政次郎は敏捷を上げたほうがダメージが大きいのかも……と思って、攻撃力の上がるタリスマンをもたせた場合と、敏捷性のあがるアミュレットをもたせた場合比べてみましたが、タリスマンをもたせた場合のほうが平均ダメージが大きいようです)

 

 

  Very Hard 序盤のヒント

 

 まず重要なのが、「黒き死の花吹雪」。

 これがないと、そもそも最初のショゴスが倒せません。(HP18000くらいのショゴス……)

 前半なら、異形やHPの高い人間系以外は大体はこれで一層できます。

 HPが高いのは、政次郎の「疾風八連」あるいは「焼夷手榴弾」と組み合わせて倒すか、十三の「無呼吸打撃」で一体ずつ……という感じでしょうか。

 人間系の相手は十三の「ダイナミックエントリー」が便利です。麻痺させている間に殲滅を狙えます。(もちろん狙うのは、麻痺していない相手から)

 異形系が多いダンジョンの場合は、政次郎の代わりに真魚を前に出して「ルルイエよりの呼び声」や「白痴の王の呪詛」を使いまくりましょう。

  

 

  Very Hard ボス戦の基本

 

 ボス戦は、十三に「アクセラレーション」をかけた上で、「生存本能」を使って全体の攻撃力を上げ、殴りまくってもらいましょう。(他のキャラは十三の支援か、魔法攻撃が強いならそちらでも)

 前半のボスなら、蓮、政次郎、十三のアタッカー三人のゴリ押しでなんとかなる場合が多いです。(と言っても、三人が共に倒れ、ユーリアの戦闘不能回復&大回復呪文の「癒しの奇跡」に助けてもらったことも多数……)

 

 あと、政次郎の「焼夷手榴弾」と「液体窒素ボンベ」がかなり強いです。

 「焼夷手榴弾」の「火傷?」は体力を削ってくれますし、「液体窒素ボンベ」の「氷結?」は少しの間行動を止めてくれます。

 

 

  Very Hard 中盤以降のボス戦のヒント

 

 中盤以降のボスはそれだけでは苦しく、ゴリ押しすると勝てない可能性が高いです。

 「アクセラレーション」を全員にかけて攻撃&回復しまくれる状況を作ったり、「フォワード」で十三を前に出して囮役にし、その十三をサポートする戦い方が良いでしょう。(なお、「アクセラレーション」を全員にかける時は、全体回復が強いユーリアを戦線に入れておかないと、スリップダメージで削られまくって前線が全滅……ということもあります。私は何度かやらかしました!)

 

 政次郎の場合は「焼夷手榴弾」か「液体窒素ボンベ」を投げまくるのと有効な場合が多いです。

 ユーリアの場合は、他に二人のアタッカーと組んで、ダメージを受けてない段階から「大いなる癒し」などの全体回復魔法をかけておき、ボスの攻撃をそのターンの内に回復しておくと、戦線が崩れる可能性が低くなります。

 

 あと、相手の弱点の把握はものすごく重要です。お店でルーンやアクセサリーを選んで買って準備した方が楽に戦えます。(というか、後半のボスはそうやって対策を練らないとものすごくきついです)

 

 

 おまけ:ハスターは倒せます

 

f:id:servitors:20170622220727j:plain

 

 ああすればハスター倒せるんじゃね……?

 と思ってやってみたらできました。

 色々と手順などのミスをしてこれですから、ほんの少しだけ余裕がある感じだと思います。(スクリーンショットは最後の一撃となる「黒き死の花吹雪」が発動したところ)

  

f:id:servitors:20170622221932j:plain

 

 作者の方も倒されるのは想定済み……というか、ギリギリ倒せるように調整していたと思われます。だからこそのあのHPであり、攻撃力であり……だと思いますので。

 スクリーンショットにあるように、倒した時の台詞がちゃんと用意されていますし。

 

 どうやるか……ですが、こういうのを考えるのがゲームの楽しさという部分でしょうから、伏せることにします。(作品や気分によっては書いちゃうのですが、組み合わせ的にはそこまで難しくないでしょうから、書かないことに)

 気になる方は、挑んでみてくださいませ。